『呪術廻戦』両面宿儺

『呪術廻戦』両面宿儺の用語解説

両面宿儺(りょうめんすくな)とは、腕が4本、顔が2つある鬼神のことで、紛うことなき「呪いの王」。

作中では基本的に「宿儺」と呼ばれ、全部で20本ある特級呪物を指すことが多い。

単行本1巻第1話「両面宿儺」で主人公・虎杖悠二が伏黒恵のピンチを救うため、宿儺の指を取り込んだことで両面宿儺は久方ぶりに受肉した。

渋谷事変で、気絶した虎杖に漏瑚が、無理やり残りの宿儺の指全てを取り込ませたことで完全復活を遂げた。

 

両面宿儺は1000年以上前、呪術全盛期に実在した人間で、呪術師たちが束になって挑んでも決して倒すことはできなかった。

だが、現代最強の術師・五条悟なら、完全復活した宿儺でも、かろうじて打ち負かすことができるという。

 

宿儺の術式は現時点では不明。

これまでの戦闘で明らかになっているのは斬撃を飛ばしたり、切断能力があるということ。

渋谷事変の対漏瑚戦においては、なんと、炎攻撃も可能であることが判明した。

作中での使用例

「力を全て取り戻した宿儺なら ちょっとしんどいかな」

「どうせ殺すなら 全ての宿儺を取り込ませてから殺せばいい」

『呪術廻戦』用語一覧へ