『ワンピース』竜爪拳

『ワンピース』竜爪拳(りゅうそうけん)の用語解説

竜爪拳(りゅうそうけん)とは、革命軍参謀総長のサボが作中で主に使用する武術のことで、竜の指を彷彿させる構えが特徴的だ。

竜爪拳には、「嵩取る権力を引き裂く」という意味が込められている。

ここで言う嵩取る権力とは、権力を暴走させ罪のない人々を強制労働させたり、奴隷制度をはびこらせている世界貴族「天竜人」を指す。

以下で竜爪拳を使ったサボの技の名前と備考を一覧で紹介する。

技名 備考
竜の鉤爪(りゅうのかぎづめ) ジーザス・バージェスの波動エルボーに対抗したときに使用。
竜の息吹(りゅうのいぶき) コリーダコロシアムのリングを木っ端微塵に破壊するほどの威力。
「火炎」竜王(かえんりゅうおう) 燃える竜爪拳。メラメラの実の力と竜爪拳のあわせ技。ジーザス・バージェスを撃退。

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です