『ワンピース』革命軍

『ワンピース』革命軍の用語解説

革命軍とは、世界政府や天竜人を嫌い、倒そうと活動する組織のことで、総司令官をルフィの実父モンキー・D・ドラゴンが務めている。

ルフィとエースの義兄弟であるサボは、船出のときに天竜人の砲撃によって瀕死の傷を負ったが、たまたまゴア王国に立ち寄っていたドラゴンに拾われ一命をとりとめた。

その後、サボは人一倍鍛錬を重ね、革命軍No.2(参謀総長)となった。

革命軍はもともと白土の島「バルティゴ」に総本部を構えていたが、ジーザス・バージェスのビブルカードを追ってやってきた黒ひげ海賊団によって発見され、壊滅状態に陥ったため、幹部の1人エンポリオ・イワンコフが治めるカマバッカ王国へ移った。

革命軍の主要メンバーは以下の通りだ。

モンキー・D・ドラゴン 総司令官
サボ 参謀総長
エンポリオ・イワンコフ 幹部
バーソロミューくま 幹部
ベロ・ベティ 東軍軍隊長
モーリー 西軍軍隊長
リンドバーグ 南軍軍隊長
カラス 北軍軍隊長
コアラ 魚人空手師範代
ハック 魚人空手師範

『ワンピース』用語一覧へ