『呪術廻戦』補助監督

『呪術廻戦』補助監督の用語解説

補助監督とは、呪術高専の術師をサポートする黒スーツの人たちのことである。

基本的に戦闘には参加しないし(戦闘できない)、禁止されているそうだ。

実際の現場では、帳などの簡単な結界術や式神を使って術師を援助したり、不慣れな学生に対しては円滑に遂行できるよう、ある程度の任務方針を指示することもある。

作中では、現場まで術師を運ぶドライバーとしての活躍が多く見られる。

 

主人公・虎杖悠二が入学した年の京都姉妹校交流会では、乱入してきた特級呪霊の真人により補助監督5名の命が奪われた。

 

代表的な補助監督は、伊地知潔高(いじち きよたか)と新田明(にった あかり)である。

作中での使用例

「今から補助監督役だけでなんとしても連絡網を確立する」

「ここに来るまで 何人もの補助監督が殺されていました アナタですね?」

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です