『呪術廻戦』共振

『呪術廻戦』共振の用語解説

共振(きょうしん)とは、取り込まれた呪霊の中で力を抑えていた宿儺の指が、両面宿儺の受肉(単行本1巻第1話「両面宿儺」)をきっかけに、呪力を解放し、顕現することである。

八十八橋の下で伏黒恵が祓ったのがまさに共振で目覚めたやつだ。

作中での使用例

「虎杖に共振の話はするな」

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です