『呪術廻戦』呪術高等専門学校

『呪術廻戦』呪術高等専門学校の用語解説

呪術高等専門学校とは、呪いを学び、呪いを祓う術を身に付ける、日本に2校しかない呪術教育機関のことである。

主人公・虎杖悠二が属する東京都立呪術高等専門学校と、彼のベストフレンド・東堂葵が属する京都校がある。

略称は呪術高専。4年制。

東京校学長は、夜蛾正道(やが まさみち)、大の呪骸マニアだ。

京都校学長は、楽巌寺嘉伸(がくぜんじ よしのぶ)、音を操るおじいちゃんだ。

東京校は都会の喧騒を離れ、郊外にひっそりと存在する。

表向きには宗教系の学校とされているのもあってか、外観は清水寺を彷彿させる(ぴったりな例えが浮ばない)。

五重塔も敷地内にそびえ立つ。

呪術師の教育のみならず、任務の斡旋やサポートも行っている。

作中での使用例

「まずは手始めに呪術界の要 呪術高専を落とす」

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です