『呪術廻戦』特級術師

『呪術廻戦』特級術師の用語解説

特級術師とは、呪術師の格付けの中でトップに君臨する化け物じみた強さを持つ術師のことである。

単行本12巻現在で確認されている特級術師はたったの4人。

 

以下、4人の特級術師一覧。

現代最強の術師である五条悟(ごじょう さとる)。

呪霊操術の使い手で五条の唯一無二の親友・夏油傑(げとう すぐる)。

日本三大怨霊の1人で超大物術師・菅原道真の子孫の乙骨憂太(おっこつ ゆうた)。

任務を全く受けず海外を放浪している九十九由基(つくも ゆき)。

作中での使用例

「オマエ 特級じゃん」

「同じ特級 早く挨拶したいなぁ」

「これからは特級同士 3人仲良くしよう」

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です