『ワンピース』恋はいつでもハリケーン

『ワンピース』恋はいつでもハリケーンの用語解説

恋はいつでもハリケーンとは、東の海(イーストブルー)に伝わることわざで、主に海賊女帝ボア・ハンコックがルフィに対する身を焼き尽くすような恋を表現するときに使用する。

恋煩いから回復したハンコックに向けてニョン婆が言い放ったり、頂上戦争でルフィの行く手を阻むパシフィスタを数体破壊したハンコックが戦桃丸に向けて堂々と言い放つシーンが有名だ。

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です