『ワンピース』ホーミーズ

『ワンピース』ホーミーズの用語解説

ホーミーズとは、ビッグ・マムのソルソルの実の力により、人の魂(ソウル)を与えられ擬人化した生き物のことで、麦わらの一味の音楽家ソウルキングことブルックが天敵。

ホーミーズの雰囲気は総じて、『美女と野獣』に登場するポット夫人やチップのようにメルヘンチックである。

ホーミーズに込められるソウルは、基本的には万国(トットランド)の住民から調達している。

ただし、中にはビッグ・マム本人のソウルを与えられた特別なホーミーズも何体か存在する。

以下、特別なホーミーズの名前と備考を一覧で紹介する。

名前 備考
ナポレオン 二角帽子(ナポレオンハット)のホーミーズ。剣に宿すことで大幅な攻撃力アップ可能。
プロメテウス 太陽のホーミーズ。
ゼウス 雷雲のホーミーズ。ブルックに何度も真っ二つにされる。ナミの下僕。

特別なホーミーズ以外にも数々の魅力的なホーミーズが作中では登場する。

以下で作中で言及されたホーミーズを一覧で紹介する。

名前 備考
キングバーム 誘惑の森の主。語尾は「ジュ」。ビッグ・マムの威国やプロメテウスの大爆発を食らうなどナミに関わったせいで散々な目に遭う。
ランドルフ 兎のホーミーズ。鶴騎士(クレインライダー)。くすっと笑えるシーンあり。
ニトロ ゼリーのホーミーズ。プリンちゃんに従う。
ラビヤン 絨毯のホーミーズ。プリンちゃんに従う。
貴族ワニ ワニのホーミーズ。ブリュレの部下。
クイーン・ママ・シャンテ号 ビッグ・マムの母船のホーミーズ。

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です