『ワンピース』海賊万博

『ワンピース』海賊万博の用語解説

海賊万博とは、劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』で約20年ぶりに開催された海賊たちの夢の祭典のことで、「祭り屋」の異名を持つフェスティバル海賊団船長ブエナ・フェスタが主催者だ。

STAMPEDEの海賊万博では、海賊王ゴール・D・ロジャーの遺した宝を巡って大規模な争奪戦が行われ、最悪の世代はもちろんのこと、キャベンディッシュやバルトロメオ、バギーズデリバリーの参戦もあり大いに熱狂をもたらした。

中盤からは突如現れたロジャー海賊団元クルーで覇王色の覇気の使い手・バレットと最悪の世代や王下七武海、サボらの激しい戦闘があり、まさにオールスター大集合といった感じとなった。

ちなみに海賊万博で用意されていたお宝は、かつてロジャーが海に投げ捨てた最後の島ラフテルの永久指針(エターナルポース)。

主催者のフェスタは海王類の腹の中からそれを偶然にも発見し、海賊万博の賞品としたのだ。

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です