『ワンピース』ビンクスの酒

『ワンピース』ビンクスの酒の用語解説

ビンクスの酒とは、海賊たちがこよなく愛するキャッチーでポピュラーな舟唄のことで、冒頭や間奏に「ヨホホホ〜♪ ヨホホホ〜♪」という麦わらの一味・音楽家ブルックでお馴染みの歌詞が入るのが特徴だ。

ブルックがかつて船長代理を務めたルンバー海賊団は、今際の際に全員でビンクスの酒を唄いながら1人また1人と息を引き取った。

スリラーバークでは、王下七武海ゲッコー・モリアを打ち倒した後の大宴会で、音貝(トーンダイヤル)に録音していたビンクスの酒の音源をブルックが流し、麦わらの一味とローリング海賊団が肩を組み合って大熱唱した。

第967話「ロジャーの冒険」では、ロジャー海賊団がビンクスの酒を賑やかに唄うシーンが描かれている。

作詞は作者・尾田栄一郎。作曲は田中公平が担当した。

『ワンピース』海導(うみしるべ)の用語解説『ワンピース』海導(うみしるべ)

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です