『呪術廻戦』呪胎九相図

『呪術廻戦』呪胎九相図の用語解説

呪胎九相図(じゅたいくそうず)とは、明治時代初めに、呪霊と人間の混血の子を妊娠する特異体質の女性から産まれた特級呪物である。

その特異体質の女性は呪霊の子を孕んだせいで、親類縁者から冷遇され、泣く泣く山向こうの寺へと逃げ込んだ。

しかし、そこは史上最悪の術師・加茂憲倫(御三家の汚点)の根城だった。

女性の体質に虜になった加茂により、その後、彼女は九度の懐妊と九度の堕胎を経験することとなる。

 

呪胎九相図は、その名の通り、19番まである。

京都姉妹校交流会チキチキ呪霊討伐猛レース中には、呪術高専の蔵から、真人によって13番が奪取された。(単行本6巻第52話)

その後、真人・夏油傑の用意した人間で150年の時を経て、受肉を果たした13番はそれぞれ、脹相・壊相・血塗という名前だ。

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です