Ad InserterにおけるSANGOのショートコード「YouTubeをレスポンシブに」の使用方法

Ad InserterにおけるSANGOのショートコード「YouTubeをレスポンシブに」の使用方法

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • プラグイン「Ad Inserter」でYouTube動画を、SANGOテーマのショートコード「YouTubeをレスポンシブに」で囲って記述したけども、実際のページではショートコードがうまく変換されず、困っている

という方のお悩みを解決します!

有料テーマSANGOを使っている方向けの記事となります。

以前、上記の内容で躓いたので、備忘録としてここに残します。

同じように躓いている方の助けになれれば幸いです。

結論:iframeのコードを使用する

https」から始まる動画URLではなく、iframeの埋め込みコードを使用すれば一件落着です!

記事編集画面から「YouTubeをレスポンシブに」のショートコードで囲ってあげる分には、「https」から始まるURLでも、iframeでも問題はありません。

しかし、なぜか、Ad Inserterから入れるときは、iframeのほうを使わないとうまく動作しません

以下が例です。

■ダメなパターン

コード
[youtube]https://youtu.be/Rp64vMj9GHc[/youtube]

 

■うまくいくパターン

コード
[youtube]<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Rp64vMj9GHc" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>[/youtube]

まとめ

以上、プラグイン「Ad Inserter」でYouTube動画を、SANGOテーマのショートコード「YouTubeをレスポンシブに」で囲ってちゃんと動作させる方法を紹介しました。

ほんとうにちょっとした違いなのでぱぱっとやってみてください。

 

「WordPressの便利なプラグインについて知りたい!」

という方は以下の記事も目を通してみてください〜

【WordPress】一括置換するならプラグイン「Search Regex」にお任せ!【WordPress】一括置換するならプラグイン「Search Regex」にお任せ! 【WordPress】広告挿入が楽になるAd Inserterの使い方を徹底解説!【WordPress】広告挿入が楽になるAd Inserterの使い方を徹底解説! Wordpress 記事をワンクリックで複製する方法【WordPress】記事の複製はプラグイン「Duplicate Post」にお任せを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です