【スプレッドシート】乱数を生成する方法とは?〜RANDBETWEEN関数〜

【スプレッドシート】乱数を生成する方法とは?〜RANDBETWEEN関数〜

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • スプレッドシートで乱数を生成する方法が知りたい
  • スプレッドシートのRANDBETWEEN関数の使い方が知りたい

という方のお悩みを解決します!

*乱数は英語で「random number」と言います

乱数生成の完成イメージ

添付画像が今回紹介する方法で、乱数を生成して表示させたセルの例です!

1〜100の間の数字をランダムで表示!
▼▼▼

スプレッドシート 乱数生成サンプル

乱数を生成する方法

スプレッドシートで乱数を生成するには、RANDBETWEEN関数を使用します!

RANDBETWEEN関数は乱数の範囲を指定して使います。

RANDBETWEEN関数の数式は以下です。

=RANDBETWEEN(乱数の範囲の下限,乱数の範囲の上限)

例を1つ紹介します。

 

■1から1,000までの乱数を表示させたい場合

=RANDBETWEEN(1,1000)

スプレッドシート 乱数生成サンプル

超絶シンプルで直感的な数式で分かりやすいですね!

まとめ

以上、スプレッドシートでRANDBETWEEN関数を使って好きな範囲で乱数を生成する方法を紹介しました。

 

「スプレッドシートの便利な小技をもっと知りたい!」方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です