『ワンピース』ロックス海賊団

『ワンピース』ロックス海賊団の用語解説

ロックス海賊団とは、海賊王ゴール・D・ロジャーの宿敵だったロックス・D・ジーベック率いる世界最恐の海賊団である。

ルフィの祖父・ガープが「海軍の英雄」として、世界に名を轟かせるきっかけになった38年前のゴッドバレー事件で壊滅した。

ロックス海賊団のクルーには錚々たるメンバーが揃っていた。

後に四皇となるカイドウ、白ひげ、ビッグ・マム。

それに加えて金獅子のシキやキャプテン・ジョンなど伝説級の海賊たちがゴロゴロ所属していた。(作中では未登場の銀斧、王直といった強者もいた)

頂上戦争から2年後に、黒ひげが根城としたハチノスという島を拠点にしていた。

クルーたちは非常に仲が悪く、船内でも殺し合いが絶えなかったという。

*黒ひげの船は「サーベルオブジーベック号」という名前。何かしらの関連性があるのかも?

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です