『ワンピース』オロチお庭番衆

『ワンピース』オロチお庭番衆の用語解説

オロチお庭番衆とは、ワノ国将軍・黒炭オロチ直属の少数精鋭忍者部隊のことで、隊長は福ロクジュ、幹部クラスは11人で全員で5,000人いる。

ワノ国がオロチと四皇カイドウの百獣海賊団に乗っ取られるまでは光月家に仕えていた。

お庭番衆がオロチに寝返ったのを機に、光月家の再興を願うくの一・しのぶちゃんは脱退した。

第985〜986話では、主君オロチがカイドウに首を斬られ死亡したことで、見廻り組と共に、すぐさまカイドウの元についた。

以下、オロチお庭番衆メンバーの名前と備考を一覧で紹介する。(名前が明かされていないメンバーは省略)

名前 備考
福ロクジュ 錐のチンジャオのような細長い頭に、エネルを彷彿させる長い耳たぶが特徴的。
大黒
半ぞう 花の都のオロチの城の屋根裏でしのぶちゃんに「忍法・金玉つぶし」を食らう。
風刃 トノ康処刑後、光月日和の命を狙うも、護衛のゾロに敗れる。
雷刃 上に同じ。
ちょめ
地獄弁天 忍法・地獄琵琶を使う。

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です