『ワンピース』古代兵器

『ワンピース』古代兵器の用語解説

古代兵器とは、世界を脅かすほどの強大な力を持つ3つの兵器のことで、それぞれプルトン・ポセイドン・ウラヌスと、神の名(ギリシャ神話、ローマ神話)がつけられている。

プルトンの設計図はウォーターセブンのアイスバーグが所持していたが、彼はフランキーにそれを託した。

その後、フランキーは司法の島エニエス・ロビーでCP9の目の前で設計図を焼き払ってみせた。

ポセイドンはリュウグウ王国の王女しらほし姫だ。

ウラヌスに関しては今のところ、特に明らかになっていないが、ギリシャ神話では天空神として登場する。

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です