『ワンピース』CP9

『ワンピース』CP9の用語解説

CP9(サイファーポールナンバーナイン)とは、世界政府直下の暗躍諜報機関のことで、司令長官はスパンダム。各々の実力を道力で表しているのが特徴だ。

司法の島エニエス・ロビーを拠点に置いているが、ルッチ・カク・ブルーノ・カリファの4人はガレーラカンパニー社長のアイスバーグが所持している可能性が高い古代兵器プルトンの設計図を得るため、5年間水の都ウォーターセブンで正体を隠して暮らしていた。

暗躍機関らしい仕事を挙げるとすれば、ジャブラ・フクロウ・クマドリの3人が革命軍の支部長を23人暗殺したことだ。

新入りとして登場したが、フランキーに敗北し、最後はルッチにとどめを刺されたネロを除いては全員が六式をマスターしている。

CP9に連行されたニコ・ロビンを取り返すべく、フランキー一家やガレーラカンパニーの職人たちと協力してエニエス・ロビーにやってきた麦わらの一味と戦い敗れた。

エニエス・ロビーはバスターコールで焼き払われたが、ブルーノのドアドアの実の能力のおかげで全員生き延びた。

ルッチとカク、それに長官のスパンダムはその後、昇進してCP0となり活躍中。

以下、CP9メンバーの名前と能力一覧だ。

名前 悪魔の実
スパンダム ゾウゾウの実(愛剣ファンクフリード)
ロブ・ルッチ ネコネコの実 モデル レオパルド
カク ウシウシの実 モデル ジラフ
ジャブラ イヌイヌの実 モデル ウルフ
ブルーノ ドアドアの実
クマドリ
フクロウ
カリファ アワアワの実

『ワンピース』用語一覧へ