『呪術廻戦』天与呪縛

『呪術廻戦』天与呪縛の用語解説

天与呪縛(てんよじゅばく)とは、生まれながら肉体に強制された縛りのこと。

単行本5巻第38話では、究極メカ丸がパンダに対して天与呪縛を解説している。

天与呪縛を受けた者には大きなハンディキャップがある反面、メリットも大きい。

被るハンディは例えばこれだ。

  • 生まれつき、右腕と膝から下の肉体がない(究極メカ丸)
  • 本来持って生まれるはずの術式を授かれない(禪院真希)

一方、天与呪縛のメリットの例はこちら。

  • 広大な術式範囲と実力以上の呪力出力が与えられる(究極メカ丸)
  • 弾丸を素手でキャッチするなど、人間離れした身体能力が与えられる(禪院真希)
  • 五感が底上げされる(禪院甚爾)

以下の3人が代表的な天与呪縛を受けた者だ。

  • 究極メカ丸
  • 禪院真希
  • 禪院甚爾

作中での使用例

天与呪縛知っているカ?」

「呪力が全くない!! 天与呪縛のフィジカルギフテッド!!」

『呪術廻戦』用語一覧へ

次はこの記事!

『呪術廻戦』キャラクター一覧『呪術廻戦』キャラクター一覧 『呪術廻戦』 五条悟の名言11選 「僕にとっては町でアンケート取らされた位のハプニングさ」『呪術廻戦』 五条悟の名言11選 「僕にとっては町でアンケート取らされた位のハプニングさ」