『呪術廻戦』黒閃

『呪術廻戦』黒閃の用語解説

黒閃(こくせん)とは、打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪みのこと。

黒閃が発動したときの攻撃の威力は平均で2.5乗にもなるという。

黒閃が発生すると、呪力は黒く光る。

まるで武装色の覇気のようだ。

単行本6巻第48話「黒閃」で初登場した用語。

虎杖は対花御戦で初めて経験し、4連続で黒閃を決めてみせた。

作中での使用例

「黒閃を経験した者とそうでない者とでは呪力の核心との距離に天と地程の差がある」

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です