『呪術廻戦』御三家

『呪術廻戦』御三家の用語解説

御三家(ごさんけ)とは、血筋が大好きなエリート呪術師の3家系のこと。

禪院家・加茂家・五条家がそれにあたる。

禪院家と五条家は江戸時代(慶長?)からバチバチに仲が悪い。

それは当時の両家当主が御前試合で本気で殺し合い、両者とも死んでしまったからだ。(第117話)

禪院家現当主は26代目の禪院直毘人(ぜんいん なおびと)。

他には、禪院真希、禪院真依、禪院甚爾がいる。

加茂家次代当主は赤血操術を操る加茂憲紀(かも のりとし)。

他には、史上最悪の呪術師として悪名高い加茂憲倫(かも のりとし)がいる。

五条家は現代最強の呪術師・五条悟のワンマンチーム。

単行本0巻第3話「弱者に罰を」で初登場した用語。

作中での使用例

「君はゆくゆく御三家を支える人間になる」

『呪術廻戦』用語一覧へ

次はこの記事!

『呪術廻戦』キャラクター一覧『呪術廻戦』キャラクター一覧 『呪術廻戦』 五条悟の名言11選 「僕にとっては町でアンケート取らされた位のハプニングさ」『呪術廻戦』 五条悟の名言11選 「僕にとっては町でアンケート取らされた位のハプニングさ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です