『呪術廻戦』浦見東中学校

『呪術廻戦』浦見東中学校の用語解説

浦見東中学校とは、伏黒恵とその義姉・津美紀(つみき)が通っていた、さいたま市立の中学校である。

この学校のOB3人(20年以上前の)が全く同じ状況で、呪霊に刺殺された事件の手がかりを探すため、虎杖・伏黒・釘崎が補助監督の新田明同伴のもと訪れた。(単行本7巻第55話「起首雷同」)

そのときに対応してくれた校務員の名前は武田さんでOBの伏黒のことも覚えていた。

 

伏黒の同級生の女の子は藤沼という名前。

藤沼さんは伏黒津美紀の部活の後輩ちゃんだった。

 

伏黒は浦見東中学2年のとき、弱そうな同級生(相田氏)をパシリとしてこきつかっていた池澤ら十数人に腹を立てて、全員まとめてボコしたことがある。

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です