『呪術廻戦』六眼

『呪術廻戦』六眼の用語解説

六眼(ろくげん・りくがん)とは、相手の術式情報を丸裸にすることができる希少な目のことである。

作中で六眼を持っているのは、現代最強の呪術師・五条悟ただ1人。

作中での使用例

「うん百年ぶりの六眼と無下限呪術の抱き合わせ」

「この六眼に映る情報はオマエを夏油傑だと言っている だが俺の魂がそれを否定してんだよ」

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です