【Google Analytics】自分のアクセスを除外する方法

Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法

こんにちは。

UVERworld布教クリエイターのゆうや(@yuyaphotograph)です!

本記事では、Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法をご紹介します。

PV数を正確に出したい場合に必須な作業ですのでしっかりと対策をしていきたいですね(^o^)

意外にサクッと設定できてしまうので気負わずチェレンジしましょう!

それでは参ります。

Google Analyticsで自分のアクセスを除外できるようになろう!

方法は大きく分けて2つあります。

1つは除外したいIPアドレスをアナリティクスで設定する方法。

もう1つはGoogle Chromeの拡張機能「Google Analytics オプトアウト アドオン」を使用する方法です。

順を追ってやり方を見ていきましょう。

IPアドレスを使ってアクセス除外を行う

■STEP1

下記URLにアクセスし、自分の利用しているIPアドレスを知りましょう。

https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

自分のIPアドレス調査

表示される00.000.000.000のような数字があなたのIPアドレスです

■STEP2

アナリティクスの管理画面で「管理→ビュー→フィルタ」を押します。

アナリティクスフィルタ設定

■STEP3

赤い「フィルタを追加」ボタンを押します。

■STEP4

フィルタの情報を入力します。

アナリティクスフィルタ情報設定

(1)フィルタ名は任意で分かりやすい名前にしましょう。

(2)フィルタの種類は「カスタム」にしましょう。

(3)フィルタフィールドは2.5スクロールくらいすると「IPアドレス」が出てくるのでそれを選択しましょう。

上記3点入力し終わったら、青い「保存」ボタンを押してフィルタの設定は完了です!

MEMO
この方法のメリットは、スマートフォンとタブレットのアクセスをも除外できることです。

Google Analytics オプトアウト アドオンを追加する

■STEP1

下記URLからChrome ウェブストアへアクセスします。

https://chrome.google.com/webstore/category/extensions?hl=ja

■STEP2

ストアを検索」と書かれた検索窓に「Analytics」と入力してEnterを押します。

Chromeウェブストア検索窓

■STEP3

検索結果1番上に該当の拡張機能が表示されるので、青い「Chromeに追加」ボタンを押します。

オプトアウトアドオン追加

僕は既に追加済みなので添付画像のような表示になってます

■STEP4

うまく追加されると青い「Chrome から削除します」ボタンになります。

オプトアウトアドオン確認

これでオプトアウト アドオンの設定は完了です。

超簡単ですね!

MEMO
この方法のメリットは、設定超簡単なこと。デメリットはスマートフォンとタブレットのアクセスを除外できないこと、これが痛いですね。

まとめ

以上、Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法をご紹介しました。

ぼくはまだスマホからのアクセスを除外設定していないんですが、ついついスマホで自分の記事をニヤニヤしながら確認しちゃったりしてます笑

よいこの皆さんは真似しないでくださいまし(^o^)

最後までご高覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です