AdFilterでスマホ(iPhone)の自分のアクセスを除外する方法

AdFilterでスマホの自分のアクセスを除外する方法

こんにちは。

ゆうや(@yuyaphotograph)です!

本記事では、AdFilterでスマホの自分のアクセスを除外する方法をご紹介します。

以前、IPアドレスとGoogle Chromeの拡張機能を用いた除外方法を紹介しましたが、スマホからのアクセス除外としてはベストプラクティスではないなと不満を抱いていました。

Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法【Google Analytics】自分のアクセスを除外する方法

そんな不満を打ち破ってくれたのが今回紹介するアプリ「AdFilter」です。

以前の記事を見た友人が教えてくれました笑 ありがたや!

それでは参ります。

注意
iPhoneのSafariのアクセス除外となります。

AdFilterでスマホのアクセスを除外できるようになろう!

STEP1

App Storeで「AdFilter」と検索してアプリをインストールします。

AdFilter

STEP2

まず、アクセス解析ブロックするツールを設定します。

固定下ナビゲーションの「高度なブロック」を押します。

Google Analyticsの右ボタンにチェックしてブロックをONにしましょう。

AdFilter設定サンプル3

STEP3

次に、「サイト別設定」でアクセスを除外したいサイトの登録を行います。

右上の「+」ボタンを押します。

ドメインにサイトドメインを入力します。

僕のサイトを例に出すと、「yuyauver98.me」とhttpsなどはなしで入力します。

AdFilter設定サンプル

ブロック項目はよしなに

アプリ側の設定は以上です!

STEP4

最後に、「設定→Safari→コンテンツブロッカー」でAdFilterのチェックをONにして完了です。

AdFilter設定サンプル2

まとめ

以上、AdFilterでスマホの自分のアクセスを除外する方法をご紹介しました。

いつもChromeしか使ってないのでChromeで除外したいんですけどね〜笑

Chromeでも同じ様なアプリないか探してまた記事にしますね!

最後までご高覧いただきありがとうございました!

雑記ブログ運営報告アーカイブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です