【スプレッドシート】四捨五入するテクニックとは?〜ROUND関数〜

【スプレッドシート】四捨五入するテクニックとは?〜ROUNDUP関数〜

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • スプレッドシートで四捨五入する方法が知りたい
  • スプレッドシートのROUND関数とは?

という方のお悩みを解決します!

*「四捨五入」は英語で「rounding」と言います

四捨五入の完成イメージ

添付画像が今回紹介する方法で、四捨五入したセルの例です!

2つの数字があります

スプレッドシート 四捨五入
ROUND関数を使用すると
▼▼▼

スプレッドシート 四捨五入

四捨五入されました!

四捨五入する方法

スプレッドシートでセル内の数字を四捨五入するには、ROUND関数を使用します!

ROUND関数の数式はこちら。

▼▼▼

=ROUND(四捨五入するセル番号 or 数字,小数点以下の桁数)

2番目の引数は、デフォルトで0となっていて省略可能です。

一般的な四捨五入をしたいだけでしたら、2番目の引数はデフォルトのままでOKですので、例えば以下のように入力します。

■A2のセルの数字 48.567を四捨五入したい場合

▼▼▼

=ROUND(A2)

スプレッドシート 四捨五入

シンプルで美しいですね!

計算結果は49となります。

 

上記を例えば、小数点第1位を残して表示させたい場合は以下のように入力します。

▼▼▼

=ROUND(A2,1)

2番目の引数の「1」は「小数点第1位」の意味です。

計算結果は48.5となります。

 

同じ要領で小数点第2位まで表示させたい場合は以下のように入力します。

=ROUND(A2,2)

計算結果は48.46となります。

まとめ

以上、スプレッドシートで四捨五入するROUND関数を紹介しました。

小学生ぶりに四捨五入を復習しました笑

改めて向き合うと算数も意外と面白いもんですね。

 

「スプレッドシートの便利な小技をもっと知りたい!」方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です