【スプレッドシート】斜線を引くテクニックとは?〜図形描画とSPARKLINE関数〜

【スプレッドシート】斜線を引くテクニックとは?〜図形描画とSPARKLINE関数〜

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • スプレッドシートでセルに斜線を引く方法が知りたい
  • スプレッドシートで斜線を引けるSPARKLINE関数とは?

という方のお悩みを解決します!

斜線を引いたセルの完成イメージ

添付画像が今回紹介する方法で、斜線を引いたセルの例です!

セルをまたいで引く斜線
▼▼▼

スプレッドシート 斜線サンプル

セル内に引く斜線
▼▼▼

スプレッドシート 斜線サンプル

斜線を引く方法

スプレッドシートで斜線を引くには、図形描画を用いる方法SPARKLINE関数を用いる方法があります!

2つの特徴は以下です。

  • 図形描画:複数のセルをまたいで斜線が引ける。自由度が高い
  • SPARKLINE関数:1つのセル内に斜線が引ける。セルとの間に若干隙間が生まれる

1つずつ作り方を解説していきます。

図形描画で斜線を作成する

まず上部ツールバーの挿入 > 図形描画を選択します。

▼▼▼

スプレッドシート 図形描画

▼▼▼

斜線を描画します。

スプレッドシート 図形描画

添付画像の赤枠内の「線」を選択してよしなに斜線を作成してください。

斜線を作り終えたら、右上の「保存して終了」ボタンをクリックしましょう。

▼▼▼

セル上にドカンと描画した斜線が表示されます。

スプレッドシート 斜線

横幅や縦幅を変更したい時は、添付画像にうつっている青い正方形をよしなにドラッグすれば編集できます。

SPARKLINE関数で斜線を引く

斜線を引きたいセルにSPARKLINE関数を使用して以下のような数式を入力するといとも簡単に斜線が引けちゃいます。

■右斜め下へ向かう斜線の数式

▼▼▼

=SPARKLINE({1,0})

■右斜め上へ向かう斜線の数式

▼▼▼

=SPARKLINE({0,1})

■線を太くした右斜め上へ向かう斜線の数式

▼▼▼

=SPARKLINE({0,1},{“linewidth”,4})

*線の太さが4ポイントの斜線になります

まとめ

以上、スプレッドシートで斜線を引く2つの方法を紹介しました。

どんどんスプレッドシートを活用してスプレッドシートマスターにあなたはなる!

 

「他にもスプレッドシート関連のTipsを知りたい!」

という方は以下の記事にも目を通してみてくださいまし。

【スプレッドシート】円グラフを値の大きい順に並べ替える方法【スプレッドシート】円グラフの順番を値が大きい順に並び替える方法 スプレッドシートで円グラフを作る方法【スプレッドシート】円グラフを作って遊ぼう 【スプレッドシート】プルダウンリストを活用して入力ミスを防止しよう!【スプレッドシート】プルダウンリストを活用して入力ミスを防止しよう! 【スプレッドシート】チェックボックスでチェックした数をカウントして任意のマスに表示させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です