『ワンピース』落とし前戦争

『ワンピース』落とし前戦争の用語解説

落とし前戦争とは、頂上戦争で船長・白ひげ(エドワード・ニューゲート)と2番隊隊長火拳のエースを失った白ひげ海賊団の残党が、4番隊隊長サッチを殺しただけでなく白ひげの敵とも言える憎き黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)とガチで殺りあった戦争だ。

歴史的一戦の結果は火を見るよりも明らかだった。

ヤミヤミの実の力に加え、白ひげのグラグラの実の力をも手に入れた黒ひげの前に、1番隊隊長・不死鳥マルコ率いる白ひげ海賊団残党は惨敗を喫した。

この戦争での勝利をきっかけに、ティーチは新世界の海を統べる皇帝・四皇に名を連ねることとなる。

『ワンピース』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です