【Mac】テキストエディットでファイルをtxt形式で作成する方法

【Mac】テキストエディットでファイルをtxt形式で作成する方法

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • Macのテキストエディットでファイルをtxt形式で作成する方法が知りたい

という方のお悩みを解決します!

*txtはテキスト形式と呼ばれるものです。テキスト情報のみで構成されているため他の形式(.docなど)と比べてデータ量が格段に低いのが特徴

txt形式ファイルの完成イメージ

添付画像が今回紹介する方法で、作成したtxt形式のファイルの例です!

ちゃんとTXT形式で保存できていますね!
▼▼▼

Mac テキストエディット txt形式

ちなみに、テキストエディットはこれですね。

▼▼▼

macのテキストエディット

テキストエディットでtxt形式のファイルを作成する方法

Macのテキストエディットでtxt形式でファイルを保存するには、フォーマット機能のオプションをいじります

やり方は至って簡単。

まずテキストエディットでファイルを開いたら、上部メニューの「フォーマット」にカーソルを合わせましょう!

次にそれで表示される「標準テキストにする」を選択!

▼▼▼

mac テキストエディット txt形式

これでtxt形式へ変更されました!

あとはCommand + Sでファイルを保存してあげて確認しましょう〜

添付画像のようになっていれば正解!
▼▼▼

mac テキストエディット txt形式

まとめ

以上、Macのテキストエディットでtxt形式でファイルを作成する方法を紹介しました。

もしtxt形式のファイル作成が必要になった際はこの記事で解説したTipsをぜひお試しあれ〜

 

「他にもMacのメモ帳関連のTipsを知りたい!」

という方は以下の記事にも目を通してみてくださいまし。

関連記事のIDを正しく入力してください 関連記事のIDを正しく入力してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です