『呪術廻戦』縛り

『呪術廻戦』縛りの用語解説

縛り(しばり)とは、破ると報いを受ける誓約のことで、術師が自ら自分に科すもの。

単行本2巻第11話「ある夢想」では、両面宿儺が生得領域内で虎杖に対し、縛りについて解説している。

利害による縛りは、呪術における重要な要素の1つだと宿儺は言っている。

*後日追記予定

作中での使用例

「信じる信じないの話ではない これは縛り契約だ」

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です