『呪術廻戦』窓

『呪術廻戦』窓の用語解説

窓とは、呪術高専の関係者で、非術師でありながら呪いを視認できる者である。

単行本1巻第6話「呪胎戴天」で初登場した用語。

作中では、西東京市英集少年院の上空に出現した特級仮想怨霊の呪胎を目視で確認したのが窓の最初の活躍だ。

作中での使用例

「我々のが呪胎を確認したのが3時間程前」

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です