『呪術廻戦』同化

『呪術廻戦』同化の用語解説

同化(どうか)とは、天元様とその適合者である「星漿体(せいしょうたい)」が一体化することを指す。

天元様は500年に一度、同化することで、老化した肉体の情報を一新し、術式を初期化している。

同化後、星漿体は天元様として呪術高専最下層・薨星宮(こうせいぐう)で結界の基となる。

作中での使用例

「教徒の手前 同化を見過ごせば 会が立ち行かなくなる」

「星漿体のガキが同化を拒んだ時ぃ!? そん時は同化はなし!!

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です