『呪術廻戦』廉直女学院

『呪術廻戦』廉直女学院の用語解説

廉直女学院(れんちょくじょがくいん)とは、星漿体・天内理子が生前通っていたミッションスクールである。

*ちなみにミッションスクールというのはキリスト教主義学校のこと

五条悟らが呪詛師襲来で急行したときは、礼拝堂にて音楽の授業中だった。

音楽の授業場所は音楽室か礼拝堂で、その日の教師の都合で変わるらしい。

女学院とあって、男子禁制で出会いがない。

そのせいか、天内を迎えに突然やってきた五条を見た生徒たちは色めき立っていた。

ちなみに音楽教師はその場で自分の電話番号を堂々と五条に渡していた笑

天内理子はその後、薨星宮で禪院甚爾に射殺されたため、青春の日々を共に過ごした大切な友人たちに最後のお別れを言えずじまいだったことは同情に値する。

『呪術廻戦』用語一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です