【Contact Form 7】送信元の文字化けを5秒で直す方法

【Contact Form 7】送信元の文字化けを5秒で直す方法

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • Contact Form 7の自動返信メールの送信元が文字化けしてしまって困っている
  • Contact Form 7の自動返信メールの送信元の文字化けを直す方法が知りたい

という方のお悩みを解決します!

どんなシチュエーション?

Contact Form 7で作ったお問い合わせフォームでは、管理画面から簡単に自動返信メールの設定ができますね。

設定項目の1つに、「送信元」というのがあります。

これは受信するユーザーに表示したいメールアドレスや名前を設定する欄です。

実際の案件では例えば、そのWebサイトの名称を指定したりします。

しかし、ここで問題が発生することがあります。

文字化けです。

どんな時に文字化け問題が起きるかと言うと、メールアドレスだけでなく、日本語が指定されている時です。

添付画像のように日本語部分の末尾が文字化けしてしまうことがあるのです。

送信元 文字化け

これはよろしくない。。。

これを解決するのは意外と簡単にできます。

以下でその方法を紹介します。

ダブルクオーテーションを使う

結論。

日本語部分を「””」(ダブルクオーテーション)で囲ってあげるだけで文字化けを直すことができます。

送信元指定のビフォー・アフター
<!-- 変更前 -->
Webサイト<info@yuyauver98.me>
<!-- 変更後 -->
"Webサイト"<info@yuyauver98.me>

まとめ

以上、Contact Form 7のお問い合わせフォームで自動返信メールの送信元の日本語文字化けを直す方法を紹介しました。

つい最近やった案件で使ったTipsですのでお困り中の方のお役に立てれば幸いです。

 

「Contact Form 7に関するTipsをもっと知りたい!」

という方は以下の記事も目を通してみてください〜

Contact Form 7で確認画面を作る方法【Contact Form 7】確認画面を作るなら、「Contact Form 7 add confirm」で! Contact From 7でサンクスページを作る方法【Contact Form 7】サンクスページをたったの2ステップで実装! ContactForm7 選択肢ごとに返信メール内容を条件分岐させる方法【Conditional Fields】Contact Form 7 選択肢ごとに返信メール内容を条件分岐させる方法【Conditional Fields】 【Contact Form 7】チェックボックスをカスタマイズする方法【Contact Form 7】チェックボックスのデザインをカスタマイズする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です