【Contact Form 7】送信元に「WordPress」と表示されるのを1秒で直す方法

【Contact Form 7】送信元に「WordPress」と表示されるのを1秒で直す方法

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • Contact Form 7の自動返信メールの送信元が「WordPress」と表示されて困っている

という方のお悩みを解決します!

どんなシチュエーション?

Contact Form 7で作ったお問い合わせフォームでは、自動返信メールの設定項目の1つに、「送信元」というのがあります。

デフォルトでは以下のように「テキスト<メールアドレス>」の形式でセットされています。

コード
ゆうやの雑記ブログ <wordpress@yuyauver98.me>

これをなんらかの手違いだったりで、変更してしまうと、送信元に「WordPress」と表示されてしまうことがあります。

「〇〇Webサイト」や「〇〇〇〇のお問い合わせ」といったように表示させたいのに上手くいかない。。。

そういう時にどうやったら直すことができるのか、以下でその方法を紹介します。

<>でメールアドレスを囲う

結論。

メールアドレスを「<>」で囲ってあげるだけで任意のメールアドレスを送信元に表示させることができます。

送信元指定のビフォー・アフター
<!-- 変更前 -->
info@yuyauver98.me

<!-- 変更後 -->
<info@yuyauver98.me>

もし、メールアドレスの前に何かしらの文言を付け加えたい場合は以下のように入力してあげましょう。

送信元指定の例
"表示させたいテキスト"<メールアドレス>
▼▼▼
"オンラインサロン"<info@onlinesalon.net>

まとめ

以上、Contact Form 7のお問い合わせフォームで自動返信メールの送信元に「WordPress」と表示されてしまう不具合を直す方法を紹介しました。

つい最近やった案件で使ったTipsで、自分のおっちょこちょいで生まれた不具合だったのですが、お困り中の方のお役に立てれば幸いです。

 

「Contact Form 7に関するTipsをもっと知りたい!」

という方は以下の記事も目を通してみてください〜

Contact Form 7で確認画面を作る方法【Contact Form 7】確認画面を作るなら、「Contact Form 7 add confirm」で! Contact From 7でサンクスページを作る方法【Contact Form 7】サンクスページをたったの2ステップで実装! ContactForm7 選択肢ごとに返信メール内容を条件分岐させる方法【Conditional Fields】Contact Form 7 選択肢ごとに返信メール内容を条件分岐させる方法【Conditional Fields】 【Contact Form 7】チェックボックスをカスタマイズする方法【Contact Form 7】チェックボックスのデザインをカスタマイズする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です