【SANGOカスタマイズ】 著者別記事一覧ページのnoindex設定方法

【SANGOカスタマイズ】 著者別記事一覧ページをnoindexにする方法

こんにちは。

ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • WordPress SANGOテーマで著者別記事一覧ページのnoindex設定を行いたい
  • SANGOテーマで著者別記事一覧ページを検索結果から除外したい

という方のお悩みを解決します!

著者別記事一覧ページとは?

著者別記事一覧ページとは、以下の添付画像のようにそのユーザーが書いた公開記事が一覧で表示されるアーカイブページのことです。

著者別記事一覧ページ

SANGOテーマの著者別記事一覧ページでは、

  • ユーザーのプロフィールアイコン
  • ユーザー名
  • ユーザープロフィール文
  • ユーザーが書いた記事一覧

がデフォルトで表示される仕様となってます。

著者別記事一覧ページにnoindex設定

著者別記事一覧ページにnoindexを設定するには以下のコードをお使い下さい。

貼り付けるファイルは子テーマ(sango-child)直下のfunctions.phpとなります。

sango-child/functions.php
//著者別記事一覧ページをnoindexに
add_action( 'wp_head', 'add_noindex_to_author' );
function add_noindex_to_author() {
  if( is_author() ) { 
    echo '<meta name="robots" content="noindex,nofollow" />';
  }
}

ポイントは、if文で著者別記事一覧ページを判定してその時だけhead内にnoindex設定のためのmetaタグを挿入すること。

著者別記事一覧ページ条件分岐
// 著者別記事一覧ページの時だけ
if( is_author() ) { 
    
  }

FTPソフトで更新したfunctions.phpを反映したら、著者別記事一覧ページへアクセスしてみましょう。

「comman + option + i」でデベロッパーツールを開いて、ちゃんとhead内にnoindexのmetaタグが追加されているか確認できたら完了です!

参考

参考 カテゴリーをnoindexにしたいサルワカ

まとめ

今回は著者別記事一覧ページでしたが、「タグアーカイブページをnoindexにしたい」といった方もいるでしょう。

そういう場合は今回紹介したコードのif文の部分を適当に差し替えてあげればOKです!

SANGOカスタマイズ記事まとめ

SANGOカスタマイズに役立つ記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です