【エックスサーバー】サーバーパネルからアクセス制限をかける方法とは?コードいじる必要なし!

【エックスサーバー】サーバーパネルからアクセス制限をかける方法とは?コードいじる必要なし!

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • エックスサーバーでディレクトリごとのアクセス制限を簡単にする方法が知りたい
  • エックスサーバーでBasic認証をコードをいじらず設定する方法が知りたい

という方のお悩みを解決します!

アクセス制限の完成イメージ

この記事で紹介する方法を実践すれば添付画像のようにアクセス制限をかけることができます!

▼▼▼

Basic認証サンプル

いわゆる、Basic認証というものですね。

特定のユーザー名とパスワードを知っている人のみがアクセスできるようにしたい場合によく使用します。

例えばプロジェクトのテスト環境ページに設定することが多いです〜!

普段Basic認証をかける時は.httaccessファイルを編集して実現させていたのですが、どうやらエックスサーバーではコードをいじらずとも可能でしたので備忘録として残しておきます!

あなたのお悩みを解決する一助になりますように。

エックスサーバーのサーバーパネルからアクセス制限をかける方法

エックスサーバーではサーバーパネルのアクセス制限機能で簡単にBasic認証を施すことができます!

以下の手順で行います。

  1. サーバーパネルへログイン
  2. ホームページ > アクセス制限を選択
  3. アクセス制限するドメインを選択
  4. アクセス制限するディレクトリのユーザー設定を選択
  5. アクセス制限用のユーザーID/パスワードを入力して保存
  6. フォルダ一覧に戻り、該当のディレクトリのアクセス制限をONに変更して保存

手順その2から画像とともに解説していきます!!

STEP.1

「ホームページ」項目のアクセス制限を選択しましょう。

▼▼▼

エックスサーバーアクセス制限サンプル

STEP.2

ドメイン選択画面でアクセス制限設定するドメインを選択します。

▼▼▼

エックスサーバーアクセス制限サンプル

STEP.3

なんと、ディレクトリごとにアクセス制限がかけられます!!

アクセス制限をかけたいディレクトリの「ユーザー設定」を選択します。

▼▼▼

エックスサーバーアクセス制限サンプル

STEP.4

アクセス可能なデータを設定します。

ユーザーIDとパスワードを入力して「確認画面へ進む」ボタンを選択しましょう。

▼▼▼

エックスサーバーアクセス制限サンプル

設定し終わったら、フォルダ一覧画面へ戻りましょう。

STEP.5

あとは、アクセス制限のスイッチをOFFからONへ変更して、「設定する」ボタンを選択して完了です!!

▼▼▼

エックスサーバーアクセス制限サンプル

まとめ

以上、エックスサーバーのサーバーパネルからサクッとアクセス制限をかける方法を紹介しました。

今回解説したやり方だとコードをいじるのになれていない人が、恐る恐るコードをいじってバグが起きたりする可能性を未然に防止できて最高ですね!!

 

「WordPressに関するTipsをもっと知りたい!」

という方は以下の記事も目を通してみてください〜

Contact Form 7のラジオボタンをカスタマイズする方法Contact Form 7のラジオボタンをカスタマイズする方法 WordPressのパスワード保護ページで記事の途中までパスワードなしでも読めるようにするカスタマイズ方法【WordPress】パスワード保護ページで記事の途中までパスワードなしでも読めるようにカスタマイズする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です