【スプレッドシート】QRコードを表示させる方法〜IMAGE関数とGoogle Chartsの使い方〜

【スプレッドシート】QRコードを表示させる方法〜IMAGE関数とGoogle Chartsの使い方〜

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • スプレッドシートでセルに入力したURLのQRコードを表示させる方法が知りたい
  • Google Chartsの機能を使ってみたい
  • スプレッドシートのIMAGE関数とは?

という方のお悩みを解決します!

QRコードの完成イメージ

添付画像が今回紹介するQRコード生成機能を設定したセルの例です!

スプレッドシート QRコード

URLを入力すると
▼▼▼

スプレッドシート QRコード

QRコードが生成されました!

QRコード変換機能を設定する方法

無料ツール「Google Charts」の機能とスプレッドシートのIMAGE関数を利用すれば、QRコードを生成したいURLを入力するだけで、QRコードを任意のセルに表示させることができます!

▼▼▼

手順はこうです。

  1. QRコードを表示させたいセルにIMAGE関数とGoogle Chartsを組み合わせた式を入力する
  2. 手順その1でURL入力用セルに指定したセルにURLを入れて完了

IMAGE関数について

まずは土台となるIMAGE関数について解説します。

この関数を使うことで指定したURLの画像をセルに表示させることができます。

IMAGE関数の公式は以下です。

=IMAGE(“画像URL”)

ただたんに画像を表示させるサンプルを見てみましょう。

例えばこの記事のアイキャッチ画像を表示する式はこうなります。

=IMAGE(“https://yuyauver98.me/wp-content/uploads/2020/05/20200518-5.jpg”)

セル上の表示はこうなります。

▼▼▼

スプレッドシートIMAGE関数

Google Chartsについて

Google Chartsの利用法を解説します。

基本のURLはこちらです。

Google Charts
https://chart.apis.google.com/chart?

 

QRコードを生成するのに必要なパラメータは以下の3つです。

  • QRコードのサイズ:chs=横x縦
  • 種類:cht=qr
  • QRコードにするURL:chl=URLを入力するセル番号

*xは小文字のXです

上記3つを上述の基本のURLに組み合わせて使用します。

QRコードを表示する式について

IMAGE関数とGoogle Chartsの使い方がざっくり分かったところで、実際にURLを元にQRコードを表示させる方法を見ていきましょう。

と言っても簡単ですのでご安心を。

こういった式になります。

コード
=IMAGE("https://chart.apis.google.com/chart?chs=200x200&cht=qr&chl="&B2)

それぞれのパラメータを「&」で繋げます。

末尾の「chl=」以降だけ注意ポイントです。

chl=でダブルクオーテーションを閉じて、その後に&でセル番号をつけてあげましょう。

上記の例では、B2のセルに入力されたURLがQRコードに変換されます。

少し面倒くさいかもしれませんが、ぜひ挑戦してみてくださいまし!

まとめ

以上、スプレッドシートでURLを元にQRコードを表示させる方法を紹介しました。

上手くQRコードを表示できたらご自身のスマートフォンのQRコードリーダーで読み取ってみましょう!

きっと感動して「わっ!!できてる!嬉しい!」とつい口走ってしまうことでしょう。

 

「スプレッドシートの便利な小技をもっと知りたい!」方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です