【スプレッドシート】ゼロ埋めで数字の桁数を統一する方法

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • スプレッドシートで数字の桁数を揃えるために
    必要な数だけ0をつける方法が知りたい
  • ゼロ埋め(ゼロパディング)とは?

という方のお悩みを解決します!

ゼロ埋めの完成イメージ

添付画像が今回紹介するゼロ埋めを適用したセルの例です!

数字を4桁に揃えてあるのがお分かりいただけるかと思います。

指定した桁数より少ない場合に自動で必要な数だけ、左から0をつけてくれる「ゼロ埋め」もしくは「ゼロパディング」というものです。

スプレッドシートゼロ埋めサンプル

ゼロ埋めの利用シーン例

数字の桁数が不揃いだと美しくなくってよ!!

と怒り心頭になってしまう方が重宝するでしょう。

ビフォー・アフターを画像で用意いたしましたので見比べてみましょうか。

スプレッドシートゼロ埋めサンプル

▼▼▼

スプレッドシートゼロ埋めサンプル

まあ確かに桁を揃えたほうが見やすいかも?

いやそうでもないかも!笑

ゼロ埋めする方法

以前紹介した「スプレッドシートで数字に3桁区切りでカンマを入れる方法」でも大活躍した「カスタム数値形式」を使用すれば、ものの3秒でゼロ埋めを実現可能です!

手順はこうです。

  1. ゼロ埋めを適用したいセルを選択する
  2. 表示形式 > 数字 > 表示形式の詳細設定 > カスタム数値形式を押す
  3. 0000と入力して、緑色の適用ボタンを押して完了(4桁に揃える場合)

手順その2から画像とともに見ていきます。

STEP.2

スプレッドシート インデント適用するには

画像の通り選択していきましょう

STEP.3

添付画像の赤枠部分に0000を入力してください。

スプレッドシートゼロ埋め設定

上記は4桁に揃えたい時の入力方法です。

例えば5桁に揃えたいとなった場合は、同じ様に、00000と0を5回入力してあげればOKです。

ゼロ埋めを解除したい場合は?
解除したいセルを選択。
表示形式 > 数字 > 自動をクリックで解除されます。

まとめ

以上、スプレッドシートでゼロ埋めを適用する方法を紹介しました。

どんどんスプレッドシートを活用してスプレッドシートマスターにあなたはなる!

 

「他にもスプレッドシート関連のTipsを知りたい!」

という方は以下の記事にも目を通してみてくださいまし。

【スプレッドシート】円グラフを値の大きい順に並べ替える方法【スプレッドシート】円グラフの順番を値が大きい順に並び替える方法 スプレッドシートで円グラフを作る方法【スプレッドシート】円グラフを作って遊ぼう 【スプレッドシート】プルダウンリストを活用して入力ミスを防止しよう!【スプレッドシート】プルダウンリストを活用して入力ミスを防止しよう! 【スプレッドシート】チェックボックスでチェックした数をカウントして任意のマスに表示させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です