ワンピース ネタバレ 最新話 973話「光月の一族」傳ジローが狂死郎で、狂死郎が丑三つ小僧で

ワンピース ネタバレ感想 973話「光月の一族」

こんにちは。

ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • ワンピース最新話の内容を知りたい

  • 小紫が弾いている曲の名前が知りたい
  • トキ様のかっこいい死に様が気になる

  • 狂死郎が一体なにものなのか知りたい

という方に向けて、ワンピース最新973話「光月の一族」を振り返っていきます!

ワンピース 973話のネタバレ

おでんの回想

おでんの回想。

空島から青海へタコのパラシュートで戻ってくるロジャー海賊団。
モモの助を高い高いし、世界の広さを語るおでん。

こんな高い空から見ても見渡せやせぬ!!
それが”世界”だ
モモの助!!

ロジャー海賊団での旅を経て帰国したおでんは家臣たちに光月家とゾウの関係性の深さやミンク族の強さを伝える。

「いざ」という時は「ゾウ」を目指せ!!

その言葉を聞いて嬉しそうに照れるゾウ出身のネコマムシ、かわいい。

おでん城で「つきひめ」という曲をおでんに披露する日和。
腕を上げた日和の演奏に心底幸せそうな表情を浮かべるおでん。

しかし、ナチュラルな冗談で日和を泣かせてしまう。

いい曲だ
おれの葬式で弾いてくれ

丸腰の赤鞘九人男と救世主わたす

大勢の追手に追われながらトキが待つ九里城へ急ぐ赤鞘九人男。
丸腰だった彼らに武器を授けるファインプレーをするしのぶ。

自分が光月家の家臣だという確信が持てないでいるしのぶに錦えもんは、
「お前の心一つだ」と説きます。

一方、おでんの死因やスパイの存在のことで大喧嘩をし始めるネコマムシとイヌアラシ。
その隙きをつかれてナンバーズにあっけなく捕らえられてしまいます。

九里城に一刻も早くたどり着くのが最優先事項だった錦えもんらは後ろを振り向かず先を急ぎます。

あまりの追手の多さに殿を買って出た傳ジローとアシュラ童子。

錦えもん、カン十郎、雷ぞう、お菊、河松の5人はそれでも前へ進んでいきます。

カイドウとモモの助

カイドウ軍の手によりすでに炎に包まれてしまった九里城。
泣いて怖がるモモの助と日和を抱きしめ「あなた達は必ず私が逃すわ」と言うトキ。

カイドウの大きな手で首元を掴まれ苦しそうなモモの助。
カイドウに「お前の父はバカ殿だ」と父を罵倒されたモモの助は、
自分がいつの日かワノ国を背負って立つ男になると言い放つ。

唯一武力で自分と互角にやりあえたおでんの息子ならいずれ成長して厄介な敵になる。
早いうちに癌は取り除いておこうと思ったカイドウだったが、
モモの助と対峙して殺す価値もないと判断したのか自ら手を下すことはしなかった。

なんとか城に帰還した錦えもんらにトキは、
20年後の未来に彼らを飛ばすことを打ち明け、そして送ります。

河松は日和を連れて城を脱出。
堀の水の中を移動することで出入口付近で待ち構える追手の包囲網を突破します。

月は夜明けを知らぬ君 叶わばその一念は

錦えもんらをトキトキの実の力で20年後に送り終え、自分の役割を果たしたトキ。
命からがら城を脱出し、博羅町へと馬を走らせます。

一方的におでん様に期待を寄せていたにもかかわらず、
バカ踊りをしたくらいで光月家を信じるのをやめた民衆たちは、
おでん様の真意を考えようともしなかった自らの行いを恥じ、
これから訪れる暗黒の時代に不安を募らせながらメラメラ燃えるおでん城をただ呆然と眺めるのでした。

そんな彼らに生きる希望を与えたかったのか、
ボロボロの姿で博羅町に現れたトキは最後の力を振り絞ってあの遺言を言い放ちます。

月は夜明けを知らぬ君
叶わばその一念は

二十年(はたとせ)を
編む月夜に
九つの影を落とし

まばゆき
夜明けを知る
君と成る

過去から逃げて逃げて、やっとたどり着いた光月おでんという終着駅。

わたしとおでん様が死んでも、錦えもんたちが必ず意思を継ぎワノ国を開国して、
世界がひっくり返るその日を迎えてくれる。

そう確信して彼女はあの世へ旅立たれたのでした。

傳ジローが狂死郎で、狂死郎が丑三つ小僧で

なんとか生き延びた傳ジロー。
オロチ、カイドウに対する彼の怒りは尽きることなく、
森深くの小さな隠れ家で1人季節をまたいで狂ったように叫び続けるのでした。

怒りの感情の洪水で顔はやせ細り、目はつり上がり、髪の色まで変わってしまった傳ジロー。

花の都のゴロツキをぶちまかしているうちに子分が増え、
名前を尋ねられた彼はこう答えます。

そうだな

「狂死郎」………!!!

狂死郎と名を変えた傳ジローは、
ゴロツキどもを従えヒョウ五郎に代わる新しい侠客として花の都で顔を利かせ始めます。

花の都に狂死郎一家あり!!!!

狂死郎一家の評判を聞きつけた将軍オロチは自分の護衛を担当するよう傳ジローに提案。

喉から手が出るほど殺したい相手のオロチに対する怒りを抑え頭を下げ承諾する傳ジロー。

金!!女!!兵!!
あなたに必要なものは全て動かせます

いつも眠そうにしている狂死郎についた呼び名は「居眠り狂死郎」

眠そうにしているのは彼が丑三つ小僧だから。
夜な夜な悪徳な金持ちの蔵に忍び込んでは金を盗み、
虐げられた弱者たちを救っていたのです。

その生き様はまさに、
強きを挫き、弱きを助ける侠客そのもの。

日和、狂死郎のもとへ、小紫誕生

一方、河松のもとから離れ花の都にたどり着いた日和。

狂死郎の持つ遊郭の前を通りかかった時にみなし子で可愛そうだとスタッフの目にとまり、
狂死郎に紹介される日和。

日和に自分が傳ジローであると打ち明けた狂死郎は、
河松に代わり日和を守ることを誓い、
遊郭で地位を築くため「小紫」と名前を変えることを日和に提案するのです。

ワノ国一の美女 小紫爆誕!!

過去話アーカイブ

962話 963話 965話 966話
957話 967話 968話 969話
970話 971話 972話 973話
974話 975話

▼ワンピース最新巻はこちら▼
1話分無料で試し読みできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です