ワンピース ネタバレ 第963話 「侍になる」感想 お前の船に!!乗せてくれ!!!

ワンピース ネタバレ 第963話 「侍になる」感想

みなさんこんにちは、ゆうやです!

筆者は未読ですが、ジャンプで連載中の『呪術廻戦』TVアニメ化が決定した今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。

参考 「呪術廻戦」TVアニメ化、虎杖役は榎木淳弥!内田雄馬、瀬戸麻沙美も出演コミックナタリー

アニメ化は、「漫画は読んでなかったけど、アニメが放送されるなら見てみようかな!」と未読の読者がその作品を見るきっかけになるためとても素敵なことだと思っております!

かく言う私もその1人でして、『鬼滅の刃』や『ハイキュー』はアニメがなければその楽しみを知ることなく生涯を終えていたことでしょう!アニメ化尊い!!

前置きはこの辺にして、笑

ワンピース第963話「侍になる」の内容を見ていきましょう〜!!

ワンピース第963話のネタバレ

前回までのあらすじ

前回の第962話では、おでんが錦えもんらと九里のアシュラ童子を目指し白舞を旅立ちました。

その道すがら、のちにおでんの家臣となるお菊やカン十郎らとの出会いがあり、なんだかんだでおでんが1人で九里に足を踏み入れゴロつきらとアシュラ童子を圧倒!

おでんは九里の王になることを決意し有言実行!九里大名の称号を与えられ錦えもんらを正式に家臣として迎えました。

時は流れ6年後の九里ヶ浜。幼き日のかっぱの河松が、漂着した幼き日のイヌアラシ・ネコマムシを発見!

という所で前回第962話は終わりましたね(^o^)

ワンピース ネタバレ 第962話 「大名と家臣」感想ワンピース ネタバレ 第962話 「大名と家臣」感想 おれの侍になれ!!!!

さてこの後、河松らはどうなるのでしょう〜第963話ネタバレ始まります!

光月家の侍達とミンク族の契り

ミンク族の国・ゾウの戦士たちが、赤いポーネグリフの前でワノ国光月家の侍達と結んだ固い契りについて話す回想から第963話はスタートします。

遥か昔

数百年も前の事 我々ミンク族と「ワノ国」光月家の侍達は

固い契りを交わした兄弟だったのだ!!

出典:ワンピース第963話

それを聞いていた幼き日のイヌアラシ・ネコマムシは「行ってみたい!!」と期待を膨らませます。

イヌアラシ・ネコマムシ ワノ国へ

その後、2人はまだ見ぬワノ国へ小舟で航海に出ます。

おい!!

“島”ってのどこにあるんだ!!?

出典:ワンピース第963話

初めての船出、ろくに航海術も持たずにワノ国の海域に行けば難破するのが当たり前。結果、九里ヶ浜に漂着した2人。

しかし彼らを待っていたのは歓迎ではなく暴力でした。

九里が浜にいたモブ侍たちに「化け猫、化け犬、河童」と気味悪がられ、一緒に居合わせた河松と一緒に縄で縛られ磔に!

ピンチのイヌアラシらをおでんが救う

彼らの絶体絶命(?)のピンチをたまたまおでんの具を調達するため魚狩りをしていたおでんさまが発見!暴力を振るっていた侍達に喝を入れます!

恥を知れ貴様ら〜〜!!!

異形を恐れるは己の無知ゆえ!!

出典:ワンピース第963話

さすがおでんさま!自分の知らないものを恐れるのは人間あるある。未知のものに遭遇した時に、「面白い!」と捉え吸収するか、「怖い、、気味が悪い」と恐れ嫌うのか。おでんもルフィも前者で、「より豊かな人生を送るためにはどうしたら良いのか?」ということが学べますね!

おでん城にておでんをご馳走されるネコマムシら

おでんに助けられたネコマムシらはおでん城でおでんをご馳走になります。

相当腹が減っていたんでしょうね〜「こんな美味いものは食ったことがない!」というようなキラキラした目で3人はおでんを食らいます。

3人並んでおでんを食べる図が本当にかわいくて癒やされました笑

イヌアラシ・ネコマムシ・河松

©ONE PIECE 963話 尾田栄一郎

他の2人は熱々のおでんをバクバク食っているのに対し、ネコマムシはやはり(?)猫舌のようで笑

おいコリャ熱うて食えんぜよ!!

出典:ワンピース第963話

猫舌の限界だったのでしょうか、とうとうネコマムシは「熱すぎる!!」とおでんが入った鍋ごとひっくり返してしまいます!

魚人は差別される 河松の母の言葉

ネコにひっくり返されたおでんは畳の上にべちゃり。

それをためらいもなくモチャモチャ食らう河松に驚く一同。驚く一同をよそに自分の過去を語りだす河松

なんでも彼はイヌアラシら同様、乗っていた船が沈み母親とともにワノ国に流されてきたという。

上陸後、助けを求めたが「魚人」だということで石を投げつけられ母親は怪我を負いそのまま無念の死を遂げたと。

母親が死ぬ直前言い残した「魚人は世界で差別されるからお前はカッパだと言い張って生きろ」という言葉。

その言葉を胸に彼は「カッパの河松」と名乗っているだそう。

おれは”カッパの河松”

残飯ばっかり食ってきた

出典:ワンピース第963話

このシーンを読んで、ワンピースの世界の「魚人差別」問題が最後にどう解決されるのか注目ポイントだなと改めて思いました!

おでん家臣にイヌアラシら加わる

河松の話を聞いたネコマムシは自分の失礼を侘び河松と一緒におでんをモチャモチャ。

ルフィのように「仲間になれよ!!」とおでんも言い出すのか思いましたが違ったようで、意外にあっさりしている所がおでんの魅力1つだなと笑いながら思いました笑

お前らを見てまた海へ出る日が楽しみになった

じゃ元気でな!!

出典:ワンピース第963話

イヌアラシらは行く宛など全くありません笑

まず間違いなく「おれのとこで働こうぜ」的な一言をおでんに期待していたようで笑

「じゃ元気でな!!」と言われた後の3人の表情とツッコミが最高に面白かったです!第963話の中で最も笑えるシーンでした。

©ONE PIECE 963話 尾田栄一郎

©ONE PIECE 963話 尾田栄一郎

そんなこんなでおでん一味に加わった3人!

しかしどうやらおでん一味は財政的にそこまで余裕はないらしく、「金欠なんすようち」と傳ジローがおでんにぼやきます笑

ここで発覚したのは黒炭オロチが康イエのもとを離れ独立、彼に資金援助を行っているのも金欠の原因の一つだということです。

その傍ら、イヌアラシや雷ぞう・お菊らがワチャワチャと遊んでいるシーンが描かれているんですがこれまた楽しそうで!笑

康イエの金を奪おうとするが失敗

金欠の話を聞いていた雷ぞうを中心に錦えもんら家臣は康イエの屋敷へ潜入し大金を奪おうと試みます!

が、あえなく失敗笑

しかし康イエは彼らを殺そうとせず、逆に盗もうとした大金+αの金を彼らに与え、その金で「身なりを整え礼儀を学び本を買い学問を学ぶ」ことを伝えます。

そしてこの名言!!

あいつはいずれワノ国の「将軍」になる男!!

奴を支えていく者達はワノ国一の侍達でなければならぬ!!

主君を守ることは当然!!

お前達は都の──いやゆくゆくは

この「ワノ国」の守り神となれ!!!

出典:ワンピース第963話

このセリフ、麦わらの一味とも重なるものを感じました!

海賊王になる男のクルーであるならそれ相応の実力をつけなければいけない、そういう想いでゾロたちは2年間修行してたと思いますからね:D

見違えるように凛々しくなったおでん一行

時は流れ3年後。花の都におでん一行が馳せ参じます!

花の都の民達は見違えるように凛々しくなった錦えもんら家臣を見て驚愕し大歓声をあげます!

ワンピース赤鞘9人男

©ONE PIECE 963話 尾田栄一郎

顔つきが3年前とは比べ物にならないほどたくましくそして凛々しくなったことがビシビシ伝わってくる1コマでした(^o^)

その中でも特に錦えもん!髪を黒く染めあげて本当にかっこよくなりましたね。

その後、おでんは父上スキヤキと久々に親子水入らずで談笑。

どうやらおでんらが都に来たのはスキヤキが病と聞いてのことだったそうで、元気そうな父の姿におでんは一安心しました。

しかしこれが2人が言葉を交わす最後の日になった

出典:ワンピース第963話

残念ながらスキヤキさんはこの後病との戦いに破れ亡くなってしまうようです、、、

そのコマでいつものように額に1粒汗をかいたオロチがうつっているんですがこれまた怪しい!

スキヤキの病気はもしかしたら、将軍の座を狙うオロチの計略で毒をもられていたのが原因かもしれませんね、、

なにげにオロチが順調に出世していっているのも面白いポイントですね!

白ひげ海賊団がワノ国に!!

舞台変わって、同年の「九里」伊達(いたて)港!

なんとエドワード・ニューゲート率いる白ひげ海賊団がワノ国に漂着!!

30年前の白ひげ海賊団

©ONE PIECE 963話 尾田栄一郎

若かりし頃の白ひげめちゃくちゃかっこいいですね!!まるでハリウッドスターのようなワイルドさと貫禄!

この時、不死鳥マルコは見習いだったようです笑 その後ろにダイヤモンド・ジョズもうつっていますね〜

他にも、「ラクヨウ」、「ビスタ」、「ホワイティベイ」、「アンドレ」、「エポイダ」らが!

積荷が浸水でほとんどダメになったという白ひげ海賊団一行は調達をしに行こうと準備中の様子。

そこへ1人向かうおでん!そういえばアシュラ童子と戦ったときも気づいたら1人で戦いに行ってましたね笑

おでんが向かってきたことに気づいた白ひげは見聞色の覇気で「とんでもねぇのが来る」と感じたようでクルーを下がらせます!

白ひげに向かって一直線に走るおでん!

それを真っ向から受けて立つ白ひげ!

ついに2人の刃がぶつかり合います!!!

伊達港でぶつかり合うおでん・白ひげ

©ONE PIECE 963話 尾田栄一郎

この黒い稲妻は覇王色の衝突でしょうね!!興奮が止まりません!!

おでんが本気でぶつかり合えるだけの強者はワノ国にはいなかったのでしょうね。

白ひげと同様おでんも見聞色の覇気の使い手であるでしょうから、白ひげがどれだけの強さを持っているか瞬時に把握したはず!

おでんの心の声はこうだったに違いありません!

「おれの全力のおでん二刀流を受けてみろ!!」と笑

そしておでんはこう言い放ちます!

おれの名は光月おでん!!!

誰だか知らんが!!

お前の船に!! 乗せてくれ!!!

出典:ワンピース第963話

ほほ〜こう来ましたか!

少し前の話で「光月おでんは昔、白ひげの船で隊長をやっていた」とセンゴクさんがおっしゃっていましたが、今回の戦闘シーンを見る限り、隊長レベルでは全然ないですね!笑

まさに怪物!一騎当千!

もっともっと彼の戦闘シーンが見たい!

そう思わされたところで、第963話おしまいです(^o^)

ワンピース第962話まとめ!

いかがでしたでしょうか?

今週もワクワクドキドキの展開で超胸アツでしたね!!!

来週は白ひげの船に乗り海を冒険するおでんを中心に描かれるのを期待!ロジャーとの出会いも近い未来に訪れるはず!

最後までご高覧いただきありがとうございました!!

過去話アーカイブ

962話 963話 965話 966話
957話 967話 968話 969話
970話 971話

▼ワンピース最新巻はこちら▼
1話分無料で試し読みできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です