【ワンピース】 光月トキの名言・名シーン4選 「あなたと居ると目的地に着いた様な気持ちになるから」

【ワンピース】 光月トキの名言・名シーン4選 「あなたと居ると目的地に着いた様な気持ちになるから」

こんにちは、ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、ワノ国一の侍 光月おでんの奥方、光月トキ様の名言・名シーンまとめをお送りします。

光月トキとは?

  • 悪魔の実:トキトキの実
  • 旧姓:天月
  • 死亡:96巻973話「光月の一族」

自分や他人を未来へ飛ばすことのできるトキトキの実の能力者。

生まれたのは800年前らしく両親の生まれはワノ国だ。

とある島で人攫いに襲われていた所を光月おでんに助けられ、なりゆきでそのまま白ひげ海賊団の船に乗る。

冒険を共にする中でおでんに惹かれ無事結ばれる。

白ひげの船にいる間にモモの助をロジャーの船に乗ってから日和を出産する。

ポーネグリフの写しをとるため船出から4年ぶりにワノ国へおでんが戻った際にイヌアラシ、ネコマムシと共に下船する。

それからおでんが1年間帰ってくるまで、来る日も来る日も町へ出て皆の仕事を汗水たらして手伝い、ときにはおでんの面白おかしい冒険譚を語った。

最後は錦えもんらを20年後の未来へ飛ばし、「月は夜明けを知らぬ君」で始まる遺言を言い残し、おでんの後を追って亡くなった(カイドウ軍の手下に拳銃で射殺された)

光月トキの名言・名シーンまとめ

「あなたと居ると目的地に着いた様な気持ちになるから」

トキ「いいの! あなたと居ると目的地に着いた様な気持ちになるから」
おでん「ん?? なぜだろうな」
トキ「うふふ♡なぜかしらね♡♡」

(ONE PIECE 965話「黒炭家の陰謀」)

モビーディック号の甲板で繰り広げられたおでんとトキの会話。

見てるこっちがにやけてしまうほどトキ様の言葉と表情がおでんへの愛を物語っていたうふふなシーン。

影から盗み見ていたマルコとジョズがほっぺたを赤くして見守っていたのも可愛かったし、おでん様の鈍感さも面白かった。

「父上が偉大で…」

父上が偉大で…

あなたはいつかこの国を背負って立つ男だからよ

(ONE PIECE 971話「釜茹での刑」)

息子 モモの助に「なぜ自分は命を狙われているのか」と聞かれた時のトキのセリフ。

おでんは自分にも負けない「天下無敵」の立派な男になってほしいという願いを込めて「モモの助」と命名した。

トキのこのセリフからはそれと同じ様にモモの助に期待している気持ちが感じられる。

おでんさんの背中を見て育ったあなたならきっと立派な将軍になれる。

未来でワノ国を開国するのにはあなたの力が絶対に必要なのよ。

あなたならきっとできる、ワノ国の長い冬を終わらせることが。

そんな思いも感じられるワンシーンだった。

「見てておでんさん 20年後の未来!!」

泣いてたら笑われちゃうよね
私達はあなたの弱点じゃない!!

見てておでんさん
20年後の未来!!!

(ONE PIECE 972話「煮えてなんぼのおでんに候」)

おでんの訃報を聞いたトキがかねてより預かっていたおでんの遺言書を読んだ後の決意のセリフ。

手紙には20年後、世界を巻き込むほど大きな戦争が起きること、その主役たちが新世界に押し寄せて来るであろうこと、無敵のカイドウを倒せるのはそいつらしかいないということ、そして自分が死んだ暁にはトキトキの能力を使って〜してほしいことが記されていた。

800年前から幾度なく未来へ飛んできたトキだったが、誰かのために、自分の使命のためにその能力を使ったことは一度もなかった。

そんな彼女がやっと巡り合った旅の終着点が光月おでん、その人だった。

そうか、私の能力を使うべき時は今しかない、やっと私の出番が回ってきたんだ。

そう決心した彼女の強い意志が感じられた名シーンだ。

「月は夜明けを知らぬ君」

月は夜明けを知らぬ君
叶わばその一念は
二十年を編む月夜に九つの影を落とし
まばゆき夜明けを知る
君と成る

(ONE PIECE 973話「光月の一族」)

光月トキの最期の言葉であり予言でもある。

意味は、「20年後の月夜に九人の侍が復讐のため現れて将軍オロチの首を取りに来る」だ。

この予言を信じて待ち続けた者たちもいたし、20年待つことができず鬼ヶ島へ攻めに行って帰らぬ人となった同士たちも数知れずいた。

錦えもん、雷ぞう、カン十郎、モモの助、菊の丞らを20年後に送り届けるという役割をしかとやり遂げたトキは一切の悔いなく愛する夫 おでんの元へ旅立って逝くのであった。

最高にかっこいい散り際だったと思う。

まとめ

以上、光月トキ様の名言・名シーンまとめをお送りしました。

 

「ワノ国編の名言を振り返りたい!」方におすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です