少し複雑なカードデザインのコーディングパーツ⑤【Webサイト制作案件でよく使うサンプルコード】

少し複雑なカードデザインのコーディングパーツ⑤【Webサイト制作案件でよく使うサンプルコード】

こんにちは。

ゆうや(@yuyaphotograph)です!

この記事では、

  • HTML、CSSでカードデザインパーツのコーディングをする方法が知りたい
  • Webサイト制作案件でよくある少し複雑なカードパーツのサンプルコードが見たい
  • コピペでOKなカードブロックのコードを見たい

という方のお悩みを解決します!

今回、紹介するサンプルコードはぼくがかつて、実際のWebサイト制作案件で使用したものです。

当時はHTML構造やCSSのスタイリングにだいぶ苦戦した、かなり難しめのデザインです!笑

完成イメージ

今回紹介するコードで実現できるカードデザインはこちら!

▼▼▼

カードデザインコーディングサンプル

左側がタイトルと画像、右側にはアイテムが2段組にされていて、間をボーダーで区切っているのが特徴です。

コーポレートサイトのリクルートページに使用されそうなデザインとなります。

以下で紹介するコードをお使いいただければ、とりあえず見た目だけは秒で再現できます!

それでは見ていきましょう〜〜

カードデザインのサンプルコード

こちら、CodePenで作った見本です!

レスポンシブでは、一列になるように実装しております。

この画面だと2分割されて本来のPCサイズで表示されないので、ぜひCodePenのページへ行って確かめてみていただきたいでござる。

See the Pen
KKVmrRp
by 石森裕也 (@yuyaphotograph)
on CodePen.

HTML

こちら、今回のカードデザインのHTML構造です!

HTML
<div class="Inner">
  <div class="Card">
    <div class="Card-Item">
      <div class="Card-Item-Left">
        <p class="Card-Item-Left-Headline">職種名</p>
        <div class="Card-Item-Left-ImgBox">
          <div class="Card-Item-Left-ImgBox-Border"></div>
          <div class="Card-Item-Left-ImgBox-Img" style="background:url('画像URL') no-repeat center;background-position:center;background-size:cover;"></div>
        </div>
      </div>
      <div class="Card-Item-Right">
        <div class="Card-Item-Right-Box">
          <p class="Card-Item-Right-Box-Headline">業務内容</p>
          <p class="Card-Item-Right-Box-Text">
            テキストテキスト<br>テキストテキスト<br>
            テキストテキスト<br>テキストテキストテキストテキスト
          </p>
        </div>
        <div class="Card-Item-Right-Box">
          <p class="Card-Item-Right-Box-Headline">詳細情報</p>
          <ul class="Card-Item-Right-Box-Ul">
            <li class="Card-Item-Right-Box-Ul-Item">
              ■項目 : 内容が入ります
            </li>
            <li class="Card-Item-Right-Box-Ul-Item">
              ■項目 : 内容が入ります
            </li>
            <li class="Card-Item-Right-Box-Ul-Item">
              ■項目 : 内容が入ります
            </li>
            <li class="Card-Item-Right-Box-Ul-Item">
              ■項目 : 内容が入ります
            </li>
            <li class="Card-Item-Right-Box-Ul-Item">
              ■項目 : 内容が入ります
            </li>
          </ul>
        </div>
      </div>
    </div>
  </div>
</div>

CSS

こちらスタイリングです!

文字サイズや、上下の余白、画像の縦横比率などはよしなに変更してお使いください。

CSS
.Inner {
  margin-left: auto;
  margin-right: auto;
  max-width: 1080px;
}
.Card-Item {
  display: flex;
}
@media screen and (max-width: 540px) {
  .Card-Item {
    flex-wrap: wrap;
  }
}
.Card-Item:not(:first-child) {
  margin-top: 80px;
}
.Card-Item-Left {
  flex-basis: 354px;
}
@media screen and (max-width: 540px) {
  .Card-Item-Left {
    width: 100%;
  }
}
.Card-Item-Left-Headline {
  position: relative;
  letter-spacing: 0.05em;
  font-weight: bold;
  font-size: 32px;
}
@media screen and (max-width: 540px) {
  .Card-Item-Left-Headline {
    font-size: 24px;
  }
}
.Card-Item-Left-ImgBox {
  position: relative;
  margin-top: 48px;
  width: 100%;
  max-width: 320px;
}
@media screen and (max-width: 540px) {
  .Card-Item-Left-ImgBox {
    max-width: none;
  }
}
.Card-Item-Left-ImgBox-Border {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  bottom: 0;
  right: 0;
  border: 3px solid #000;
}
.Card-Item-Left-ImgBox-Img {
  width: 100%;
  padding-top: 65%;
}
.Card-Item-Right {
  position: relative;
  margin-left: 40px;
  flex: 1;
}
@media screen and (max-width: 540px) {
  .Card-Item-Right {
    margin-top: 40px;
    margin-left: 0;
  }
}
.Card-Item-Right:before {
  content: '';
  position: absolute;
  top: 56px;
  left: -28px;
  display: block;
  width: 3px;
  height: 320px;
  background: #000;
}
.Card-Item-Right-Box-Headline {
  position: relative;
  text-align: center;
  font-weight: bold;
  font-size: 24px;
}
.Card-Item-Right-Box-Headline:after {
  content: '';
  display: block;
  margin-top: 16px;
  margin-left: auto;
  margin-right: auto;
  width: 50px;
  height: 3px;
  background: #000;
}
.Card-Item-Right-Box-Text {
  margin-top: 24px;
  line-height: 1.5;
  text-align: center;
  font-size: 15px;
}
.Card-Item-Right-Box-Ul {
  margin-top: 24px;
}
.Card-Item-Right-Box-Ul-Item {
  padding: 0;
  line-height: 1.5;
  list-style: none;
  font-size: 15px;
}

まとめ

以上、実務でよく使われる少し複雑なカードデザインのコーディングのサンプルコード⑤を紹介しました。

コーポレートサイトの制作案件をする際にいつか!役立つスキルとなりますのでぜひ覚えていきましょう〜!

 

コーディングスキルアップシリーズはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です